ブログ

2018年2月14日 カテゴリー:

嬉しい出来事

萩原ママでーす
今日はとても嬉しい話がありました
私が4年前、アンガーマネジメントのFTを
とって、初めての体験講座を、沖縄県宮古島で、通信の高校生の生活体験プログラムの中でやりました。
1時間、何を伝えようかと、多分計画を立ててやったと思うのですが、全く記憶がありません。それがうまくアンガーマネジメントって、、、が伝わったかも定かではありません。
ただ、私の中ではとても印象に残っていることがありました。
参加者の中の男の子が、受けた感想とどう使うかって聞いた時に、
私は今まで、家庭内暴力で母に暴力を振るっていました。でも今は馬鹿らしいと思うようになった。だから自分の夢に向かって
好きなことを仕事にできるように、美容の勉強をする。
頑張ってみたいと言った彼の顔がとてもいい顔をしていたということを今でも覚えています。
また、1人は女の子で、自分からは何も話せない、引っ込み思案にみえた子が、
[ 先生、私も変われるでしょうか?] と
やっとの思いで聞いてきた子がいました。
[アンガーマネジメントは過去と他人は変えられないけれど、自分とこれからの問題は、解決志向で考えて、自分が後悔残さないように、健康的で幸せに生きるためにどう選択したらいいか] って、自分に問いかけて、積極的に生きていけたらいいと思うよ。というアドバイスをしたことを覚えています。
たまたま、土曜日に学校で、そんな話をする機会があって、ある教員が[ その子たち、今どうしてるか、調べましょうか?]
って、すぐに調べてくれました。
そうしたら、なんと、男の子は美容の方面に、女の子は大学の心理学専攻で頑張っているということがわかりました。
なんとも言えず嬉しかったです。
教えたことが一つのきっかけとなって、自分で自信を持って人生を切り開くきっかけとしてくれたこと。
これぞ講師冥利にできますね〜
私はアンガーマネジメントプラスコーピングも必要と、少しは学んでいますが、今なんと学校でのカリキュラム導入も考えてくれているとか?
Bを緩めて自然体で自信を持って生きれる
ライフパターンができれば鬼に金棒ですね
とても嬉しい、ハッピーな1日でした
ページトップへ